Agile Leadership: Guiding Teams with Vision and Versatility (From PM to PSM 08)

For Project Managers transitioning to Scrum Masters, redefining leadership is a pivotal aspect of their journey. The project management principle "Demonstrating Leadership Behaviors" aligns closely with the Scrum ethos, emphasizing…

Continue ReadingAgile Leadership: Guiding Teams with Vision and Versatility (From PM to PSM 08)

Eine Anleitung zum Product Backlog Refinement, die dir Antworten auf das Wer, Wann und Was liefert (damit Anforderungen verstanden werden und du weniger Zeit in endlosen Meetings verschwendest)

Zu keinem anderen „Event“ werden mir mehr Fragen gestellt als zum Product Backlog Refinement. Die „Top 3“ der Fragen lauten: Wie häufig soll es stattfinden?Wie werden Einträge des Produkt Backlogs…

Continue ReadingEine Anleitung zum Product Backlog Refinement, die dir Antworten auf das Wer, Wann und Was liefert (damit Anforderungen verstanden werden und du weniger Zeit in endlosen Meetings verschwendest)

アジャイルの旅ポッドキャスト S1E1: プロフェッショナル・コーチから見たスクラムマスターの仕事

アジャイルの旅ポッドキャストについて このポッドキャストでは、業界のエキスパートを特別ゲストとして迎え、アジャイルとスクラムの世界にふかく潜り込んでいきます。スクラム、DevOps、ユーザーエクスペリエンス、プロダクトマネージメント、コーチングなど、様々なトピックをカバーします。 私、フォンテーヌグレゴリは、「アジャイルの旅」ポッドキャストのホストです。アジャイルコーチ、スクラムマスター、またはコンサルタントとして日本企業を支援しております。そして、Scrum.orgの認定プロフェッショナル・スクラム・トレーナーです。このポッドキャストは、日本語でScrum.orgの認定プロフェッショナル・スクラム・トレーニングを提供するOptilearnによって提供されています。 今回のエピソードについて 今回のゲストは倉本さんです。倉本さんはスクラムマスターとして約20のチームを支援してきました。スクラムマスターになる前までは、外資系の製薬会社の営業を担当していました。そして倉本さんは「プロフェッショナル・コーチ」もしています。倉本さんの素晴らしい人間性をリスナーの皆さんに紹介することができとても嬉しく思います。 今回のエピソードでは、プロフェッショナルコーチングとは何か、個人のコーチングとチームのコーチングの違いと共通点、倉本さんのユニークな経歴、倉本さんのコーチとスクラムマスターとしての素晴らしい目標を話していきます。      

Continue Readingアジャイルの旅ポッドキャスト S1E1: プロフェッショナル・コーチから見たスクラムマスターの仕事

スクラムマスターの具体的な仕事内容は?

​​(English version・英語版) スクラムを知ったばかりの方に頻繁に聞かれる質問の一つが、「スクラムマスターは一体、一日中、何をしているのですか?」というものです。これは私がトレーニングクラスでもよく受ける質問です。そして多くの場合、トレーニング中やチームとしてスクラムを実践し始める時に、この疑問は自ずと解明されるようです。このブログ記事では、様々な視点からこの疑問を紐解いていきます。 スクラムマスターの「責任」 この疑問を解明するためにまずは、スクラムガイドにおいて、スクラムによるスクラムマスターの定義を見てみましょう。スクラムのコンセプトでは、スクラムマスターは役割ではなく「責任」であると定義されています。これは微妙なニュアンスの違いのように見えて、実に意図的に設定されている相違点です。「責任」という言葉を使うことで、スクラムにおいてスクラムマスターが何に焦点を当てるべきか明確にされています: スクラムマスターは、決められた特定の業務をするよりも、課された責任を果たす事に注力するべきであるスクラムマスターは、事前に取り決められた一連の業務や行動をするよりも、現状のスクラムチームや組織の状況に基づいて自分が何をすべきかを決定するべきである しかし同時にスクラムでは、スクラムマスターがプロダクトオーナー、スクラムチーム全体、そして組織に対して提供するサービスの数々も明確に示されています。これらのサービスの例をいくつか挙げます: 自己管理型で機能横断型のチームメンバーをコーチする効果的なプロダクトバックログ管理の⽅法を探すことを⽀援する組織へのスクラムの導入を指導・トレーニング・コーチする スクラムマスターは複数のレベルで行動 スクラムマスターの行動範囲は時として、スクラムチームのレベルに限定されることがあります。このような誤った認識を持っている組織では、スクラムマスターの価値は限定的になりがちです。スクラムチームがスクラムや共同作業に慣れていない初期の段階では、スクラムチームに焦点を当てることは特に必要であり、価値があるかもしれません。     しかし実際には、スクラムマスターはあらゆるレベルの変化を促進できる素晴らしい立場にあります。状況やスクラムチームや組織のニーズによっては、スクラムマスターはその大半の時間をスクラムチームの外で過ごすことになるかもしれません。   スクラムマスターの仕事は時間の経過とともに進化する 1年以上、1つのチームをサポートしているスクラムマスターに、今やっていることと1年前にやっていたことを比べてみてくださいと言うと、たいていの場合、この2つはまったく違うと答えるでしょう。 それにはいくつかの理由があります: スクラムチームは時間とともに多くを学び、より自律的になります。その結果、1年前にはスクラムマスターの介入が必要だった問題の多くが、今では自律的に対処できるようになります。その結果、スクラムマスターがより広い組織と協働する時間が生まれます。スクラムマスター自身も多くのことを学び、介入するタイミングやその際にどのようなテクニックを使うべきかの判断が上手になっています。チームが継続的改善の精神を真に受け入れると、新たな問題が解決されたり、新たな課題が克服されたりするたびに、新たな「理想」が生まれ、そこに到達するまでの道のりに新たな課題が生じます。複雑な環境では、物事はいつでも変化し、スクラムチームに常に新しい課題をもたらします。例えば、メンバーの辞職、大きな衝突の発生、会社の財政不安、製品の新しい方向性などです。 スクラムマスターの仕事はチームに応じて変わる サポートするチームや組織が違えば、スクラムマスターの仕事も違います。異なるチーム・組織をサポートする2人のスクラムマスターが、いかに1日の中で抜本的に違う仕事をするかを説明するために、2つのシナリオを見てみましょう。 シナリオ 1:従来型組織から移行した新しいスクラムチーム 従来のウォーターフォール型のプロジェクト管理アプローチから移行中のスクラム初心者のチームで、現在2回目のスプリントの最中です。興奮と懐疑が入り混じっています。大多数のメンバーは、まだ多くの従来型の管理構造と報告構造の下で運営されています。 この場合、スクラムマスターは何に集中したいでしょうか? このシナリオでは、スクラムマスターはスクラムの原則とプラクティスについてチームを教育することと、チームのスクラムへの移行を妨げている組織の障害を取り除くことに集中することにするでしょう。 このシナリオでは、スクラムマスターは1日の中で具体的に何をするでしょうか? 午前8時30分: チームメンバー間の信頼関係を構築するために、「ウィークリーバーチャルコーヒー セッション」をファシリテート。午前9時: 開発者がデイリースクラムを自分たちで進行することにまだ抵抗があるため、スクラムマスターがデイリースクラムに参加し、ポジティブで⽣産的であり、タイムボックス の制限が守られるように支援します。午前10時: プロダクトオーナーと一緒にプロダクトバックログの状態を確認。明確でないプロダクトバックログアイテムをいくつか見つけた後、3日後の次のスプリントプランニングに向けてプロダクトバックログを良い状態にするために何ができるかをプロダクトオーナーと話し合います。スクラム、プロダクトバックログ管理手法、プロダクトゴールなどに関するプロダクトオーナーの質問にその場で答えます。午後1時: いつ、どのように他の人と協力し、スプリントバックログで自分の仕事を透明化するかを理解する手助けが必要な開発者個人と時間を過ごします。午後2時: エンジニアリング・マネージャーと会い、新しい働き方と新しい期待にどうすれば皆が快適になれるかについて意見交換。午後3時: …

Continue Readingスクラムマスターの具体的な仕事内容は?